3分でわかるKMCT

グローバルに展開する銅管メーカーとして、
技術力や供給体制の強化を図りながら
国内外の市場・顧客ニーズにお応えしているKMCT。
そんな当社の特長や強み、成長戦略を紹介します。

  • Story 1 企業のルーツ
  • Story 2 製品と市場
  • Story 3 高度な“素材技術力”
  • Story 4 独自の“加工技術力”
  • Story 5 生産供給体制
  • Story 6 ビジョンと戦略

Story 1 企業のルーツ

2004年、(株)神戸製鋼所と三菱マテリアル(株)の銅管事業が合併して誕生。

KMCTは、2004年4月、縮小する国内市場と拡大する東南アジア市場に対応するため、(株)神戸製鋼所と三菱マテリアル(株)の銅管部門の統合によって誕生した会社です。 生産拠点は日本の他、タイ・マレーシアに展開しています。

海外生産拠点は生産能力増強に順次取り組んできており、 成長する海外市場に対応しています。国内においては2021年、Daishin P&T株式会社尼崎工場の銅管事業の一部を当社秦野工場へ譲り受ける等、グループ全体で事業競争力強化に取り組んでいます。

ページトップ

Story 2 製品と市場

エアコン向けを中心に幅広い産業・社会を支える銅管を開発・提供

銅は、熱伝導性、耐食性、抗菌性、加工性に優れるという特性を有しています。こうした特徴を活かし、銅管は私たちの身近な暮らしの中で幅広く使用されています。

例えばエアコン。エアコンの室外機・室内機には、熱交換性能を追求し専用設計された高性能内面溝付銅管が用いられており、当社の主力製品となっています。また、室外機と室内機をつなぐ配管にも、施工性に優れた銅管が使用されています。

さらに銅管は、冷凍用、建築用、給湯用、電子機器用など広範な分野で活躍しています。こうした社会の幅広いニーズに応えるため、当社では多種多様な銅管製品の開発生産に取り組んでいます。

製品と市場の説明図

ページトップ

Story 3 高度な“素材技術力”

銅合金管のパイオニアとして銅の新しい可能性を追求

当社は、歴史の中で培ってきた高度な素材技術を駆使して、時代とともに変化する市場ニーズに応える新たな銅管製品の開発に取り組んでいます。

例えば近年、地球温暖化がクローズアップされる中で、ヒートポンプや自動販売機などの「冷媒」としてこれまでのフロンに変わり、二酸化炭素のような自然冷媒が使われるようになりました。自然冷媒は、高い圧力で使用されるための厚肉銅管が必要となります。一方、コスト面からはより薄い銅管が求められます。

当社は、各研究提携機関との連携のもと研究開発に継続的に取り組み、薄肉化に成功し、銅の持つ優れた加工性を維持できる画期的な高強度合金管を開発しました。従来の銅管より強度が高まるため高度な生産技術が要求されますが、研究開発、製造、品質保証、設備部門が一体となって取り組み、量産化にも成功。また、各種耐食銅合金の製品化によって、使用機器や配管の信頼性を向上させました。

これからも当社は、銅合金管の世界におけるパイオニアとして、銅の新しい可能性を求め、常に銅管業界をリードし続けていきます。

Cu(銅)+Co(コバルト)=耐熱性・強度アップ、Cu(銅)+Sn(スズ)=強度アップ

ページトップ

Story 4 独自の“加工技術力”

長年培った経験と技術に基づく高度な加工技術を強みに

まざまな加工を施した銅管の写真

グループ内のマザー工場でもある秦野工場は、1979年に世界で一早く内面溝付管の量産に成功しました。こうした高度な加工技術力は今日に至るまで脈々と受け継がれています。

近年では、細く薄い銅管へのニーズが高まる中で、求められる製造技術も高度化しています。例えば、エアコン向けの内面溝付銅管は、エアコンの小型化・省エネ性能向上に伴い小径化、薄肉化が進んでいます。細いものでは直径数ミリの製品を生産しており、製造工程の中で一本の管の長さは数キロにも及びます。

これらの生産には、溶解工程から包装工程に至るまで、多様な技術・知識・知見が必要であり、当社が長年培ってきた豊富な経験が活かされています。これからも品質・生産性向上のための製造技術、設備技術開発に取り組み、より良いものをより安く、そしてより速くお客様に提供できるよう、進化し続けています。

ページトップ

Story 5 生産供給体制

日本、タイ、マレーシアに生産拠点を設け、需要が高まる新興国ニーズに応える

開発途上国、新興国をはじめとして、銅管の世界的な需要は拡大しています。当社ではこの状況に対応すべく、早くから海外に進出。成長市場の近くに生産・販売拠点を展開しています。

国内生産拠点は秦野工場1拠点です。溶解工程から管製造・加工工程まで一貫した生産設備を持ち、年間生産能力は6万トン。空調冷凍用、建築用、電子機器用など、さまざまな用途の銅管に加えて、マレーシア工場に供給する素管も生産しています。当社グループ生産拠点の中では唯一研究開発部門を有し、マザー工場としての役割も担っています。

タイ工場も、国内工場同様、溶解工程からの一貫工場です。グループの中では一番新しく、最新鋭の設備を有する年間生産能力3万トンの工場です。タイ工場はアジアのみならず、中近東、ヨーロッパなどにも製品を輸出するグローバル拠点として活躍しています。

マレーシア工場は、半製品を秦野工場とタイの工場から受け、空調用銅管をはじめとした銅管を生産。年間生産能力は1万トン。生産する銅管の重量はグループ内で最も少ないながらも、唯一、キャピラリーチューブや銅管加工品も製造する特徴ある工場です。

グループ合わせた年間生産能力は10万トン。これは、世界の銅管メーカーの中でも有数の生産規模です。秦野工場と海外2拠点間では、人・技術・物の交流、連携が活発に行われており、3拠点が有機的につながったグローバルな最適生産体制で、高品質な製品を短納期でお届けしています。

生産供給体制の説明図

ページトップ

Story 6 ビジョンと戦略

第2の創業へ

経済成長著しい開発途上国、新興国や、エアコン普及率の低い先進国市場を中心に、エアコンの需要拡大が見込まれており、それに伴ってエアコン向け銅管の需要増も見込まれています。

加えてSDGs活動の一環として「省エネや環境ニーズの高まり」に対応すべく、銅管には細径化等高付加価値化の実現がより一層求められることが予想されています。

2020年にはDaishin P&T株式会社尼崎工場の銅管事業の一部を当社秦野工場へ譲り受けるなど事業競争力を強化してまいりました。2022年4月には「株式会社KMCT」へ社名変更を実施しました。当社は銅管と共に前進をし続け、今後とも、ものづくりの原点に立ち返り、高度な開発力、技術力で、社会に貢献してまいります。

Europa 欧州市場における戦略 高級機種を中心としたエアコン市場の拡大が見込まれています。高品質・高性能な銅管を、タイ・マレーシアの2生産拠点から供給していきます。 Asia アジア市場における戦略 アジア市場では、中級・普及機種のエアコン市場が急拡大しています。この需要の拡大に応えるべく、秦野・タイ・マレーシアの3極生産拠点から、高品質・高性能銅管の供給を続けていきます。